木村友久研究室 本文へジャンプ
山口大学 国際総合科学部 木村友久研究室
       大学研究推進機構知的財産センター

【入門用の知財テキスト「これからの知財入門」が完成しました】
 大学の初年次教育用、企業の一般社員人材育成用の、知的財産の全体像を理解するテキストを発行します。内容は、本文とスライド画像、ワークシート、宿題シート、及び知財法の抄録です。授業時に使うワークシートと宿題シート部分はミシン目で切り離しができます。A4版154頁、目次等はここをクリック→
 このテキストを大学の講義等で利用される場合、指導者の方にテキストに準拠する講義スライドや教材ビデオ、宿題の解答等をお渡しすることも可能です。

【知財教育授業改善活動(FD) 知財に関する職員研修(SD)について】
 山口大学では、平成27年7月30日に『教職員の組織的な研修等の共同利用拠点(知的財産教育)』の文部科学大臣認定を受けました。現在、大学・高専等の高等教育機関を対象に、知財教育の普遍化に向けたFD・SD等の活動を行っています。例えば、上記入門テキストの授業での使用方法FD、新しい授業方法と知財教育のFD、知財教育教材制作FD、あるいは大学広報部員が必要とする著作権法の実践知識SD等です。
 問い合わせ http://kenkyu.yamaguchi-u.ac.jp/chizai/


 当研究室のベースとなる研究フィールドは「知的財産法」です。産学連携や企業法務等で問題となる事項
について、主としてフィールドワーク、現場の実態調査から提案する研究手法を採っています。また、特許情報の研究活用に関連して独自の検索システムを開発いたしました。更に、これらの活動と並行して、知的財産教育分野で、初等教育から高等教育に及ぶ教育段階で提案や教材開発を行っています。
・メニューの「学外用公開教材」のページから,知的財産教育(方法を含む)ビデオの配信を開始しました
プロフィール 連絡先
主研究フィールドは法律です、同時に趣味を生かしてメディア教材やデータベース等の開発も行います。趣味といえば、海洋レジャーもあったはずですが、最近は何かと多忙のため、しばらくおあずけです。
研究分野
知的財産法、教育工学、産学連携情報教育、産業教育。
753-8541 山口県山口市吉田1677-1
         山口大学国際総合科学部
電話083−933−5391(国際総合科学部)
電話0836−85−9973(知的財産センター常盤キャンパス)
電話083−933−5968(知的財産センター吉田キャンパス)
電話090−7391−4578
(携帯電話)
t-kimura@yamaguchi-u.ac.jp
【ご案内】
 平成25年4月1日から、山口大学では体系的な知財教育を実施するために全学生必修化と接続科目を整備しています。
 当大学では、従来から共通教育選択科目、学部専門科目、大学院科目、専門職大学院科目、あるいは知財センターが企画する特許情報セミナー等を通して知財教育を進めてまいりました。
 平成25年度からは、学部共通教育(全学生必修1単位)で知財教育を実施し、学年進行にあわせて順次上学年と大学院で体系的な知財教育を進めています。同時に,YUPASS(山口大学特許検索システム)の改良、教科書及びビデオ教材の開発も進め,アクテイブラーニングあるいは反転授業を取り入れた授業を実施しているところです。また、平成27年4月1日に新規開設した「国際総合科学部」では、知財系科目を7科目設定しています。今後、
授業効果の報告等で皆様に情報提供を行ってまいります。

※新規開講科目の情報(pdf)はここをクリック。